バルトレックスを片手に内緒のヘルペスを撃退しよう

バルトレックスとゾビラックスの比較

再発を繰り返す身近に溢れる皮膚感染症は単純ヘルペスウイルスが原因となり水ぶくれ等を発症します。
感染するウイルスによって症状は様々で、代表的に口唇や性器にも疱疹が現れますが一般的なウイルスの一つであるため恐怖心を抱く必要は有りません。
又、医薬品によって治療も可能でバルトレックス、ゾビラックスと呼ばれる対ヘルペスウイルスに有効である治療薬を紹介します。
どちらの薬もウイルスの増殖を抑え発症の初期状態時に服用をする事により病状を沈静化し治癒までの期間を早めてくれます。
バルトレックスの場合は、1日2回の内服でウイルスを撃退してくれますが類似の薬により5回の服用もあるので、その点についてはバルトレックスは服用し易いので楽に治癒出来る薬と言えます。
服用期間は症状によりマチマチではありますが一般的には1日に2回の服用で10日間連続で内服しますが再発予防を考え8週間内服した方が良い事もあるそうです。
次にゾビラックスですが、ジェネリック品ですので1錠辺りの価格が安価であるため抗ウイルス薬を初めて服用したり試しに購入する場合はゾビラックスを選ぶ方が多いです。
又、服用の際の注意点としてウイルスが増殖する前に塗布をする事で高い抗菌効果が得られるので増殖後の塗布をしても効果は殆ど得られず塗り薬ですので皮膚の局所のみ作用します。
塗り薬は体内に作用をしないので副作用が少なく安全性が高いお薬になります。
特徴としては作用時間が短いので1日に何度も服用しないといけないのはやや面倒と思われがちですが多くの抗ウイルス薬に共通する事ですので耐性化には注意しないといけません。
最後にどちらも日本国内だとヘルペスの治癒の薬を市販薬としての販売は禁じられいる為、治療薬を手に入れるには医療機関か個人輸入業者からでなければ購入は出来ません。
個人輸入での医薬品購入を考えの方は注文されるよりも事前に薬の情報やホームページ上での利用契約等を確認してから購入する事を御勧めします。